桶谷式とわたし

桶谷式 comments(0) - まんまるーむ
「命」というものと向き合って学びたい、と助産師になり、
どういうわけか桶谷式母乳育児相談室をやっている私。
あらためて考えると少々愕然とします。

あとから気づけば、助産師の道に進み始めてから、
どういうわけか行く先々に「桶谷式」の認定者がいました。
看護学校、助産師学校、職場になった病院2カ所、どこにもいました。
こわいことです。
でも、誰も私に桶谷式を勧めはしませんでした。接点があっただけ。
元同僚が研修センターを受験するというので、
私も!と乗っかって、一緒に受験したのが運命の始まりでした・・・。
受かると思っていなかったし、受かってから「どうしよう(不安)」と先輩に相談したくらい。
正直「やっちまった」という心境でした。
今ではしっかり生業になっちゃって・・それはそれは感謝しております。

助産師という職業も、桶谷も、なりたかった職業とかやりたかったことではなく、
生きていく手段であり、現世における修行、という感じがします。
助産師・桶谷を通して、自分に必要な学びを得ていて、
それはそれは本当に幸せなことで、有り難いばかりなのです。
学んだことや、つながったご縁から救われたことも多々ありました。
だから他に楽しいことがあっても、しんどいな〜と思っても、
なかなかこの仕事は辞められません。

命のこと、食のこと、身体のこと、
生きるということ、生きているということ。
命をかけて子供をはぐくむお母さんと、
ただまっすぐに「生きる」を体現して見せてくれる赤ちゃんたちから
教えられています。清められています。

 
無料ブログ作成サービス JUGEM