断乳・卒乳 はじめに

断乳・卒乳 comments(0) - まんまるーむ
断乳(だんにゅう)・卒乳(そつにゅう)について、いよいよ書き始めます。
まずはその意味。

両方とも同じように、母乳育児・おっぱいライフを終わることを表しますが、
「卒乳」は比較的新しい言葉です。
乳を断つという「断乳」のニュアンスが厳しい、もっと母と子に優しい感じがいい
ということで、できてきた表現だと記憶しております。

そんなこともあり、
断乳はある時を境にきっちりと母乳をやめること、
卒乳は赤ちゃんが自然に飲むことをやめることを示すようになりました。
他の言い方をすれば、
断乳はお母さんが母乳をあげなくする、親主体
卒乳は赤ちゃんが母乳を飲まなくなる、赤ちゃん主体
というニュアンスで使われました。
現在では、母乳をやめることすべてを卒乳と言うようになってきた感があります。

確立された定義はないので、
とりあえず、このブログ内での使い方を決めておきたいと思います。

断乳は、お母さんがある日ある時を決めて、その日を境にきっぱりと母乳育児をやめること、赤ちゃんに母乳を飲ませなくすること。
卒乳は、お母さんの意思とは関係なく、赤ちゃんが徐々に飲まなくなって、母乳も出なくなって終わること。
以上のように、定義させていただきます。

断乳と卒乳、具体的に何がどう違うのか、
これから徐々に語ってまいりたいと思います。

断乳か卒乳か、ということではなく、
その時の状況で、どう理解して、どう事を運んでいければ、
その母子にとってよりベターか、
判断の材料になれば幸いです。

次回は、「断乳」について述べさせていただきます。

 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM