大そうじ

- comments(0) - まんまるーむ
年末の大そうじ。
すす払いなど、神社でもお寺でも、
歳神様をお迎えするべく、きれいにお掃除しますよね。

私は数年前から、1年の大そうじは8月、
暑いけど、天気が良いとされる「梅雨明け十日」をねらってやります。
年末にもそこそこやりますが、
いつも見て見ないふりをしていたようなところをやってみる程度、
いつもの掃除+αってくらいです。

きっかけは、桶谷式を学ぶ研修センターでの経験から。
7月に前半の研修を終え、夏休みに入る前、
研修センターは全スタッフ・全研修生あげての大そうじをします。
床をビシャビシャにしながらタワシでゴシゴシみがき、
カーテンとかいろいろドシドシ洗いまくります。

暑いし、汗だくになりますが、
水浸しになってもすぐ乾くし、
寒い時期より身体も動きやすいし、
結構気持ちいいものです。

それで、1年に1回、徹底的にきれいにするなら、
寒いし気忙しい12月にわざわざしなくてもいいのではないかと思い、
開業したのが8月ということもあって、
大そうじは8月にすることにしました。

今朝、ラジオを聞いていたら、
家事えもんさんが「汚れは暖かい方が取れる」と言うのを聞いて、
じゃあ、ますます夏が良いじゃん!と確信。
夏休みにやるということもできますし、
おすすめです。

あ、冷蔵庫のそうじだけは冬が良いですね。
真夏にやったら大変なことになります。
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM