風邪予防

- comments(0) - まんまるーむ
私が通わせていただいている鍼灸院には
大人も来ますが、子どもが多く来ていています。
この時期は風邪の子どもも多くなります。

小児科もそうですが、
どうしてこんなに具合の悪い子どもが集う所にいて
先生たちは感染しないのだろうと、考えていました。

まずはマスク。
小児科の医師はもちろんしてますし、
鍼灸院の方たちも、お灸の煙よけにマスクをしています。

そして、仕事柄、よく手を洗います。

手洗い・うがい、的な、基本中の基本ですね、やはり。

それから、
電車やバス、飛行機、ショッピングセンター、集会所的なところ、などなど、
不特定多数が集まる、空気の悪そうなところに行かない(行けない)。

小児科も鍼灸院も
具合の悪い子どもは集まるけど、
院内は、衛生状況とか環境は悪くしないようにしています。
加湿とか、空気洗浄とか、消毒とか。
うちも加湿はガンガンします。

寒の時期は、なるべくじっとして
睡眠をしっかりとって、温かくして、
外に出るときは、マスクと手袋、首と足首をしっかりガード。
帰ってきたら、もちろん手洗いとうがい。

これを心掛けてから、
ほとんど風邪らしい風邪はひかなくなりました。
ただし、できないと、とたんに風邪になります。
 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM