情報は参考までに

子育て・育児と育自 comments(0) - まんまるーむ
困ったことや知りたいことがあると
スマホで検索。確かに何でも出てきます。
とりあえずは、何かしら答えてくれる。
でも、本当に求めていた答えでしょうか?
信じていい、安心できる内容でしたでしょうか?

かえって、不安を煽られていたり、
検索し続けて、結局訳が分からなくなり、どっと疲れてしまったり
そんな経験ありませんか?

このような現象はアメリカでもあるようで、
アメリカでご活躍の母乳育児コンサルタントの方の話でも
同じようなことがアメリカのママさんたちの中でも起こっているということで、
「ネットは見るな」と指導されるそうです。

私も全く同感。
120%、ネット検索の中には答えはありません。
ほとんど好き勝手なことを伝えているだけですから。
当院のホームページのリンクで紹介しているサイトも
情報としては現段階では信頼しうるものを提供していると思いますが
絶対に正しいとか、そうしないといけないとかではないです。

あくまでも、参考に。
悩みを解決したり、どうしようか考える際の一助としてとらえていただきたい。
正しい答え、結論ではないのです。

本当の答えは、あなた自身の中にあるはずです。
自分自身がどうしたいのか、気持ちに素直に、いい感情が動く方へ
導かれていってほしいのです。
「〜すべき」とか「〜した方がいい」という情報ではないんです。

もし、大切な赤ちゃんのことでしたら、
どうぞ赤ちゃんに聞いてみて下さい。
赤ちゃんに触れて、抱いて、よーくみて、
感じとってみて下さい。
赤ちゃんは何をしてほしいのでしょう、何を求めているのでしょう。
どうすれば、飛び切りの笑顔でママに応えてくれるでしょうか。
赤ちゃんの健康にとって、本当に良いことは何でしょう。

周りが、ではなく、ママがわが子から何を感じたかです。
何をしてあげたいかです。

専門家やネットの情報がどうしろと言っているかではないです。
どうぞ、赤ちゃんもママも笑顔になることをしてください。
自分の心に蓋をせず、情報の「しなさい」に心を縛られないように。
わが子のために、情報に惑わされることなく、
自分に自信をもって、自分の感情を信じて、
スマホを見る前に、我が子を見つめて下さい。
それで、きっと大丈夫です。

間違っちゃうこともあるでしょう。
人間ですから、間違いはあります。
そうしたら、謝りましょう。
そしてやり直せばいいと思います。
親になったって、人間ですもん。間違うこともありますよ。
だから素直に「ごめんなさい」が大事なんだと思います。
尾木ママも似たようなこと言っていました。

育児って、いや人生って、
「ありがとう」と「ごめんなさい」の繰り返しですもんね。

長くなりました。この話はここまで。
 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM