胃カメラ初体験

- comments(0) - まんまるーむ
2月3日、本日は節分。
豆まきより、昨今は恵方巻きの方が盛り上がっているようですね。
大國魂神社では節分祭がありました。

豆まきはしましたか?
我が家は、ひいらぎも飾り、豆まきもしました。
豆まきは良いのですが、その後の片付けがちょいと面倒ですね。
残りの豆は、美味しくいただきました。

そんな一年の節目の今日、
こともあろうに、私は昨年やり損ねてしまった
健康診断をしてきました。
プラス、人生初の胃カメラを経験しました。

胃内の気泡を消すという、まずい水(薬)を飲み、
鼻から麻酔を注入。のどまで染み渡り、最後はゴックン。
そしてたーっぷりキシロカイン(これも麻酔薬)が塗られたチューブを
鼻に挿入。
はじめ、右鼻からやったのですが、通りが悪いということで、
同じことを左鼻もやることに・・・。
結局、両方の鼻に麻酔を塗られることになってしまいました。

胃カメラを操作していた時間は、ほんの数分でしたが、
決して楽ではありませんでした。
かといって、苦しいこともないのですが、
内臓感覚が何とも非常に気持ち悪かったです。
食道・胃・十二指腸と、通っているのがわかって、
おえ〜って感じです。

結果、問題なし。
良かったです。
鼻血が出てしまいましたが、問題ないです。
小学校の時に、よく鼻血を出していたことを久々に思い出しました。

明日は立春。
まだ寒いですが、日も延びてきて、
確実に季節は春に向かっていることを感じさせてくれています。
春に気が立ってくると、
人の気ものぼりがちで、イライラしたり、不安感が増したりするようです。
しっかり呼吸をして、足下を冷やさないようにして、
身体のめぐりをよくしておくと良いと思います。

どうぞみなさま、お大事に。
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM